手作り指輪とクロムハーツ についての記事一覧- ページ 3 / 6 - クロムハーツ職人の手作り指輪は難易度が高い

HOME » 手作り指輪とクロムハーツ

手作り指輪とクロムハーツ

クロムハーツのデザインは素人で再現は無理

手作り指輪は大流行

指輪の手作りが流行っています。手作りした指輪をSNSで披露したり、中には実際に販売したりしている人も少なくありません。売られている手作り指輪の中には、とんでもないクオリティがあるのも事実。ただ中には、超凄腕な技術で作られた手作りの指輪もあります。
指輪作りの技術が高いのならば、クロムハーツのようなデザインの指輪も作れそうです。しかしクロムハーツのデザインは、素人で簡単に真似できるものではないのです。なぜなら緻密で、繊細なデザインをしているからです。
Click≫ 『クロムハーツのデザインは素人で再現は無理』

クロムハーツに住まわしエンジェル

天使と御使いとエンジェル

天使・御使いと呼び名は色々ありますが、世界的には「エンジェル」と呼ばれています。エンジェルの役割は、宗教によって色々です。ただ役割が微妙に違っていても、神様の伝令を地上に伝える役割については共通しています。
天使は神様の伝令を伝えるだけでなく、地上にいる全ての人々を助ける役割も担っています。ただし助けるのは、清い行いをした者のみ。悪いことをしてしまうと、天罰が下されるでしょう。
Click≫ 『クロムハーツに住まわしエンジェル』

クロムハーツの指輪を作るのは難しい

シンプルなデザインでも作るのが難しい指輪

指輪の形には色々あります。結婚指輪でよく見かけるのは、指輪のアームがねじれている形でしょう。一見するとシンプルなデザインではありますが、工夫次第によっては素敵なデザインになるかとおもいます。アレンジの幅も広がるので、オシャレアイテムとしても重宝するでしょう。
しかし問題は、作るのがかなり難しいことです。強くねじり過ぎてもアウト、逆に弱くねじり過ぎてもダメです。ちょうど良いねじり加減を見つけるのは、根性が必要かもしれません。
Click≫ 『クロムハーツの指輪を作るのは難しい』

クロムハーツの指輪は最高だけど難しい

ロムハーツは最高だけども…

クロムハーツ職人の手作りの指輪は、誰がなんと言っても最高です。しかし頭ではわかっていても、難易度が高いと感じている方は多いでしょう。残念ながら「クロムハーツを身に着けている人は嫌だ」という、声があるのも事実です。
しかし、難易度が高そうだからとクロムハーツのリングを避けるのは勿体ない話。「自分には合わない」と思っている人ほど、実はピッタリ来るように出来ているのです。クロムハーツ初心者のために、クロムハーツのリングの活用方法について取り上げます。
Click≫ 『クロムハーツの指輪は最高だけど難しい』

クロムハーツのエンゲージリングってある?

クロムハーツをエンゲージリングに

職人の手により独特の個性的な指輪が多数作られているクロムハーツ。
こちらの指輪が気に入った方はぜひブライダルアイテムとしても使いたくなるかもしれません。
エンゲージリングとしても使える指輪はあるかというと、定番デザインにこだわると少し見つかりにくくなりますが、クロムハーツのデザインの方が好きならまったく問題ありません。
高級感にだけはこだわりたい方はゴールド製を選ぶのがおすすめです。

Click≫ 『クロムハーツのエンゲージリングってある?』

クロムハーツの指輪のレベル

クロムハーツを合わせたコーデは難しい

アクセサリーを身につけるのなら、アクセサリーに合ったファッションを身にまといたいものです。

アクセサリーがシンプルなものならば、ファッションも合わせやすいでしょう。

カジュアルや大人コーデにも合うので、ファッションビギナーも楽々です。

しかしクロムハーツのリングは、どのコーデもピッタリ合うとは言えません。

デザイン的に、革ジャンでバッチリ決めたハードなファッションしか無理と思っていないでしょうか。

「私にはどうせ合わない」と、クロムハーツのリングを選択肢から外してしまっている方も多いでしょう。
Click≫ 『クロムハーツの指輪のレベル』

ゴールドの指輪は美しい

クロムハーツでゴールドの素材は女性向け

クロムハーツではシルバーの素材を使った指輪と、ゴールドの素材を使った指輪がメインになっていますが、どちらかというとシルバーの素材は男性向けのデザインとなっています。

それは厚くて幅の広い指輪が多く、デザインの豪快でインパクトの強い物が多いからです。

それに対してゴールドの素材を使ったクロムハーツの指輪は、比較的繊細で控えめなデザインになっているからなのですが、それでも美しさがしっかりと感じられるのがクロムハーツの特徴です。

そのため、ゴールドの素材を使った指輪は女性向けと言ってよいでしょう。

シルバーの素材を使った指輪は、他のブランドに比べると値段が安くなっている物が多いのですが、ゴールドの素材を使った指輪は値段も高くなっている種類が多いのです。

それでも他のブランドよりは安く購入できる種類が多いので、結婚指輪として使用する人もいますし、男性が婚約指輪としてプレゼントすることもあります。

Click≫ 『ゴールドの指輪は美しい』

人気の高い手作り指輪

指輪を手作りするのは難しい

最近は個人でも工房を利用すれば指輪を手作りすることが可能になっています。

しかし、最初から最後まで自分たちで手作りするのではなく、難しい部分は職人が手掛けるようになるので、誰でも気軽に利用できるのです。

しかし、クロムハーツの指輪は職人が最初から最後まで手作りをしているのですが、指輪は小さいので繊細な作業が必要になります。

ある程度経験を積んでいないとできない作業もあるので、とても大変であることがわかるでしょう。

指輪を最初から手作りする場合には、まず鍛金という金属を鍛える作業を行います。

金属を鍛えるだけではなく、余計な空気を押し出すこともできるので、指輪の質に影響する作業だと言えるでしょう。

Click≫ 『人気の高い手作り指輪』

アフターケアでよい状態を保つ

アフターケアが充実している店で購入する

クロムハーツの指輪であっても、何もしないで放置しておけば、どんどん劣化が進んでしまいます。

また、アフターケアをしっかりと行って、よい状態を保っていてもサイズが合わなくなる場合や、キズが付いてしまうこともあるでしょう。

Click≫ 『アフターケアでよい状態を保つ』

クロムハーツのリングを修理に出す際の注意点

プロ職人が作るリングを修理できる逸材

クロムハーツのリングは全て職人による手作りのものであり、機械のみで作成されているわけではありません。

このように手作りであるからこそ、よりデザイン性が際立ったり、存在感のある形を引き立ててくれるものとなっています。

高い専門性のある過程をへてできた作品であるため、そのデザイン構造は丁寧であり複雑でもあります。

そのため、クロムハーツ職人の手作りした指輪は難易度が高いといえるでしょう。

修理をする際にも、例えば、クロムハーツのリングは、刻印の部分は避けて修理をする必要がありますので、一番後ろにくる箇所をロウ付けするシルバーリングのサイズ直しとは修理方法が違います。

また、ロウ付けで火をかけた途端に燻しが取れてしまうこともあるので、黒い燻し加工がしてあるモチーフに注意が必要であるといった知識も求められます。

Click≫ 『クロムハーツのリングを修理に出す際の注意点』