手作り指輪とクロムハーツ についての記事一覧 - クロムハーツ職人の手作り指輪は難易度が高い

HOME » 手作り指輪とクロムハーツ

手作り指輪とクロムハーツ

壊れて使えなくなったクロムハーツの指輪はどうしたら良い?

クロムハーツの指輪が壊れてしまったら

折角入手した、クロムハーツの指輪。だからこそ壊れて使えなくなった時の衝撃は、言葉で言い表せないほど。捨てるに捨てられず、そのまま眠らせているという方も多いでしょう。あまりにも勿体ない話です。
もしクロムハーツが壊れてしまったら、業者に修理してもらいましょう。クロムハーツの修理を取り扱っている業者は、意外とたくさんあります。プロの業者とはいえ、全ての故障に対応している訳ではありません。でも指輪を眠らせるぐらいなら、一度見てもらいましょう。
Click≫ 『壊れて使えなくなったクロムハーツの指輪はどうしたら良い?』

幸運を呼び寄せるピンキーリング

英語の時間

ちょっとした英語の時間です。親指は英語で「thumb」です。「サムズアップ」という言葉を聞くかと存じます。親指を立てて「イイネ」のジェスチャーを言います。親指「thumb」を「UP」するから「サムズアップ」です。
人差し指は「point finger」。中指はシンプルに「middle finger」。薬指は結婚指輪をはめる指になることから「ring finger」です。では小指は、英語でなんと言うのでしょうか。「Little Finger」とも呼ばれていますが、他に別の呼び方があるのです。
Click≫ 『幸運を呼び寄せるピンキーリング』

難しい素材を使って難しいデザインを仕上げる

素材×デザイン

指輪のデザインは、使われている素材を考慮して決められます。使用する素材がシルバーであれば、シルバーの特性を活かしたデザインを考えます。素材とデザインの融合がピッタリとハマっているブランドこそ、クロムハーツでしょう。シルバーとクロムハーツのデザインの融合は、お見事の一言です。
では、クロムハーツがシルバー以外の素材で指輪を作ればどうなるのでしょうか。シルバーだからこそ素晴らしい指輪となっていますが、他の素材となると一抹の不安を抱えます。
Click≫ 『難しい素材を使って難しいデザインを仕上げる』

クロムハーツはダサい!?オシャレに使いこなす方法についても

クロムハーツに罪はない

クロムハーツのアイテムは、何れもおしゃれなものばかり。特に指輪の人気は高く、買い求める人が後を絶たないほどです。アクセサリー好きな人であれば、1つは手に持っておきたいアイテムと言えるでしょう。
しかし一方で「ダサい」という声があるのも事実。「クロムハーツのアイテムを身に着けている人がいれば避ける」という方も、いらっしゃるでしょう。おしゃれに決めようと手にしたのに、周りから「ダサい」と言われるのは辛いものがあります。
Click≫ 『クロムハーツはダサい!?オシャレに使いこなす方法についても』

レディースの皆さんに強くすすめたいクロムハーツの指輪

クロムハーツの指輪は男子だけではない

クロムハーツの指輪といえば、メンズのイメージが強いかと存じます。ストリート系のファッションに身を包み、クロムハーツの指輪を指にはめて颯爽と闊歩。でも今は時代が違います。男だろうが女だろうが関係ありません。
SNSでは、クロムハーツを愛用しているレディースの方々の投稿も多数。かつてはメンズ専用のイメージが強かったクロムハーツですが、今は男女関係なく楽しめるアイテムになりました。クロムハーツの指輪は、女性も楽しめるデザインとなっています。
Click≫ 『レディースの皆さんに強くすすめたいクロムハーツの指輪』

クロムハーツの指輪をペアリングにしたいけども…

憧れのクロムハーツをペアリングにしたいけど…

メンズであれば、一度は憧れるクロムハーツの指輪。全体的にゴツゴツした印象があり、指にはめるだけで男らしさが滲み出て来るもの。愛する女性とペアでクロムハーツの指輪を楽しみたいと、考えている方も多いでしょう。
しかし女性側から見たクロムハーツの指輪は、中々のハードルの高さ。交渉は大変難しく、成功率はかなり低いと睨んでいるのかもしれません。
Click≫ 『クロムハーツの指輪をペアリングにしたいけども…』

レディースにすすめたいクロムハーツの指輪

クロムハーツはメンズだけじゃない

クロムハーツの指輪は、メンズだけの特権ではありません。実はレディースの間でも大人気で、何かと流行りの「甘辛コーデ」にはなくてはならない逸品となっています。しかしクロムハーツの指輪は、何かと値段が張るもの。一度にたくさんの指輪を購入するのは、些か無理があります。
そこで初クロムハーツ指輪のレディースの為に、おすすめしたい指輪について紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。
Click≫ 『レディースにすすめたいクロムハーツの指輪』

ゴールドについての深堀り

クロムハーツにはゴールドの指輪もある

クロムハーツと言えば、クールに輝くシルバーのアクセサリーを思い浮かべることでしょう。90年代に日本へやって来たクロムハーツ。他のブランドにはないシルバーの独特の輝きは、一大ブームとなったほどです。
しかし、クロムハーツにはシルバーとは別にゴールドのアイテムもございます。全く同じデザインの指輪でも、シルバーとゴールドとでは全く違う印象に。ではゴールドとは、どういう素材なのでしょうか。「分かっている」という声も聞こえてきそうですが、深く掘り下げてみます。
Click≫ 『ゴールドについての深堀り』

ビギナーだからこそおすすめしたいクロムハーツの指輪

波イメージの指輪

クロムハーツの指輪の中で、特に人気が高いのはスクロールの指輪です。指輪を取り囲むかのように描かれた曲線は、見事なもの。クロムハーツには珍しくシンプルなシルエットで丸みもあるので、ビギナーにもおすすめのアイテムです。指輪に描かれている曲線は、西海岸の波をイメージしたもの。波イメージのジュエリーはハワイアンジュエリーによく使われていますが、シルバーアクセサリーのモチーフとしては、あまり見かけないタイプです。なお昨日今日と出たアイテムではなく、初期から展開されているアイテムとなっています。
クロムハーツと言えば武骨なデザインが多いものですが、実はシンプルかつスタイリッシュなデザインも、多く出ているのです。
Click≫ 『ビギナーだからこそおすすめしたいクロムハーツの指輪』

クロムハーツと音楽とシルバーと

シルバーが使われたのはたまたま偶然

クロムハーツの指輪にシルバーが使われたのは、たまたまの偶然でしょう。元々は、バイクグッズ専門ブランドとして誕生したクロムハーツ。グッズについていたファスナーなどの付属品は、シルバーで作られていました。
グッズの付属品をシルバー仕様にするのは、めちゃくちゃアメリカンな発想。誰も思い浮かびません。他のアイテムでは絶対に見ないスタイルは、たちまち大きな話題になりました。そこで、付属品をアクセサリーにして販売することにしたのです。

Click≫ 『クロムハーツと音楽とシルバーと』